JA岡山西

好奇心がエネルギーあなたと私のJA岡山西




新着情報

2017.12.15 更新

『明治ごんぼう振興協議会』を設立 “知る人ぞ知る”特産品を全国へ


協議会の設立趣意書を交わしたイオンリテールの岡崎双一社長(左から2人目)、山本組合長(右)ら

協議会の設立趣意書を交わしたイオンリテールの岡崎双一社長(左から2人目)、山本組合長(右)ら

JA岡山西は、井原市芳井町特産のゴボウ「明治ごんぼう」のブランド化を図るため11月20日、井原市地場産業振興センターで総合スーパーを運営するイオンリテール株式会社(以下イオン)と明治ごんぼう村運営協議会(生産者組織)、井原市、岡山県と連携して「明治ごんぼう振興協議会」を設立しました。イオンが2001年より取り組む、全国各地の伝統的な食文化継承を担う「フードアルチザン(食の匠)」プロジェクトの一環で、岡山県内では初の試みとなります。全国では39例目となり、生産・販売促進に加え地域活性化に大きな期待が集まっており、本年は12月末まで岡山県内や広島、鳥取の系列店で販売します。

「明治ごんぼう」は、芳井町明治地区で標高400mの赤土の粘土質土壌で主に栽培され、一般的なゴボウより太く、身は真っ白で柔らかく、非常に香りが良いのが特徴です。栽培に適した畑が急斜面にあり、収穫作業が重労働であるうえに4〜5年の輪作を余儀なくされることから、50年前に年間約50tだった生産量は現在8tに減少しています。

山本清志組合長は「これを契機にイオンのフードアルチザン活動を連携して推し進め、明治ごんぼうを中心とした赤土野菜のブランド化を図り、組合員農家の所得安定と地域の再生に貢献するなど、魅力ある事業展開を図っていきたい」と話していました。



このページのトップへ

 

HOMEトピックスお知らせ・新着情報イベント・相談会地域の話題事業案内特産品直売所店舗案内レシピ広報誌女性部
JA岡山西について個人情報保護方針情報セキュリティ基本方針金融商品の勧誘方針お問い合わせサイトマップ関連リンク

Copyright (C) 2018 JA-Okayama-Nishi,Allrights Reserved.