JA岡山西

好奇心がエネルギーあなたと私のJA岡山西




新着情報

2011.02.15 更新

1月27日を『船穂スイートピー記念日』に制定


◇花言葉は「門出」「旅立ち」◇

船穂町産のスイートピーは、品質の良さから花束やフラワーアレンジメントに多く使われ、全国2位の出荷量を誇ります。

船穂スイートピー思念日制定式典の様子

出席者全員で「い~ふなお宣言」おー!!

日本記念日協会の認定証を受ける船穂町花き部会長

認定証を受け取る船穂町花き部会の井上学会長(右)

保育園児とAKC14

出来上がったフラワーアレンジメントを持って笑顔の園児たち。 伊東倉敷市長(中央)も一緒に挑戦しました。

このスイートピーを、もっと広くアピールしようと、JA岡山西船穂町花き部会は、品質・量ともに安定して、本格的なシーズンを迎える1月と、1と27で「いいふなお(良い船穂)」と読む語呂合わせから、1月27日を船穂スイートピー記念日と制定し、天満屋倉敷店で記念式典を開催しました。

当日は、JA関係者や生産者約50人が出席して記念日制定式が行なわれ、船穂町花き部会の井上学会長は、「この記念日をきっかけに地元はもちろん、全国に船穂のスイートピーを発信していきた い」と挨拶して、日本記念日協会の加瀬清志代表から認定証を受け取りました。

この後、スイートピー共進会で優秀な成績を収められた9名の生産者が表彰されました。

会場では制定記念イベントとして、船穂町『たから保育園』の園児を招いてAKC14(船穂町農業後継者クラブ)のメンバーが花育を行い、園児約20人がスイートピーを使ったフラワーアレンジメントに挑戦しました。

また、127束の色鮮やかなスイートピーを買い物客らにプレゼントしました。この無料配布は30日まで同所で行い、期間中会場では、生産者が出品したスイートピーが展示されました。

今回、共催の倉敷市は1月22日・23日に東京銀座「モザイク銀座阪急」で伊東倉敷市長がスイートピーなどの倉敷特産物のPRを行っており、当JAの黒木常務も、市長と一緒にスイートピーの花束を来場者に無料配布しました。

会場に飾られたスイートピー

会場を彩るスイートピー

スイートピーを手渡す伊藤倉敷市長

スイートピーを手渡す伊東倉敷市長(右)と黒木常務(中央)


第1回 船穂花き部会共進会入賞者
賞 名 氏 名 品 種
最優秀賞 岡山県備中県民局長賞 浅野 浩一 フェアリー
優秀賞 倉敷市長賞 中原 範義 キャサリン
倉敷市議会議長賞 飯浜 亮一 シンフォニーチェリー
6/15(火) 木下 良一 ワイン
奨励賞 6/22(火) 浅野 仁 イースターパレード
7/27(火) 友杉 博志 ステラ
9/7(火) 井上 学 ラベンダー
10/19(火) 小原 敞 パピーオレンジ
11/16(火) 北村 明成 マスカット

(敬称略)


このページのトップへ

 

HOMEトピックスお知らせ・新着情報イベント・相談会地域の話題事業案内特産品直売所店舗案内レシピ広報誌女性部
JA岡山西について個人情報保護方針情報セキュリティ基本方針金融商品の勧誘方針お問い合わせサイトマップ関連リンク

Copyright (C) 2019 JA-Okayama-Nishi,Allrights Reserved.